【研修レポート】 スペイン・バスク地方

期間:2019年11月15日〜2019年11月22日
パーパスジャパン:西澤

GON-001654

「エブロ川沿いをバスクへ」

スペイン政府観光局およびイベリア航空共催のスペイン・バスク地方を巡る研修旅行に参加してきました。スペインの中でも、最近は特に人気の高いバスク地方、その中でも美食の街として名高いサン・セバスチャンを視察してきました。

11/15(金)

大阪 → 成田 → マドリード

イベリア航空の直行便でマドリードまで。
座席は3-4-3の配列。14時間のロングフライトですが、機内エンターテインメントが充実しています。機内食のメインは2種類からのチョイス。その後、中間食と軽食があります。

写真

写真

写真

写真

成田線はアドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港のターミナル4サテライトに到着。
ポップでモダンな建物で、キッズエリアもあります。空港内はいたるところにカラフルな表示があり、入国審査場には日本語表記もありました。

写真

写真

写真

写真

今夜の宿泊はホテル・パセオ・デル・アルテ・マドリード。アトーチャ駅近くに立地し、ピカソのゲルニカを所蔵するソフィア王妃芸術センターもすぐ近くです。

Hotel Paseo del Arte Madrid
https://www.hotelpaseodelartemadrid.com/

ホテル・パセオ・デル・アルテ・マドリード
ホテル・パセオ・デル・アルテ・マドリード

ホテル・パセオ・デル・アルテ・マドリード

夜はさっそくバル巡り。
おすすめはやっぱりメソン・デル・チャンビニョン。ガイドブックでもよく紹介されている超人気店です。マッシュルームの鉄板焼きとしし唐の素揚げが絶品。アトーチャ駅界隈から繁華街を歩くこと20分程度で到着します。

Meson del Champinon
https://mesondelchampinon.com/ja/

メソン・デル・チャンビニョン
メソン・デル・チャンビニョン

マッシュルームの鉄板焼き
マッシュルームの鉄板焼き

メソン・デル・チャンビニョン

しし唐の素揚げ
しし唐の素揚げ

11/16(土)

マドリード → イェイダ(レイダ) → サラゴサ

高速鉄道AVEでイェイダ(レイダ)へ出発。
乗車フロアは、モニターや電光掲示板で確認します。乗車エリア入場前に、スーツケースのセキュリティチェックがあります。

写真

写真

写真

写真

約2時間でイェイダ(レイダ)に到着。セウ・ラ・ベラ(旧大聖堂)、イェイダ(レイダ)貯水場など、 旧市街を散策しました。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ランチはレストラン・グラマティカ・デル・ベルムにて、名物のカタツムリ料理をいただきました。
エスカルゴよりは小粒で食感もちょっと違うような・・・。私は少々苦手、だから写真も1枚しかありません。

La Gramatica del Vermut
https://www.gastronomiadelleida.com/la-gramatica-del-vermut/

名物のカタツムリ料理・・・!
名物のカタツムリ料理・・・!

その後、バスでサラゴサまで約1時間半の移動。
宿泊は、市内中心部のホテル・アルフォンソ。ショッピングストリートやバル街に近く、便利な立地です。

Hotel Alfonso
https://www.palafoxhoteles.com/es/hoteles-en-zaragoza/hotel-alfonso

ホテル・アルフォンソ
ホテル・アルフォンソ

ホテル・アルフォンソ

11/17(日)

サラゴサ → テルエル → アルバラシン → サラゴサ

サラゴサから、スペイン内陸の緑豊かな丘陵地を走ること約2時間で、テルエルに到着します。マドリッド~テルエル~バレンシアを結ぶ路線バスも運行されていますので、公共交通機関でのアクセスも可能です。

写真

写真

鉄道駅もあり、列車でアクセスすることも可能です。駅の前には長い階段があり、これを上って中世の街並みにタイムスリップしていきます。

写真

写真

写真

テルエルの町はこじんまりとしているので、徒歩で市内観光を楽しめます。
サンタ・マリア大聖堂やサン・ペドロ教会、そしてロミオとジュリエットのスペインバージョンともいえる「テルエルの恋人たち」の霊廟などを見て回りました。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

昼食後は、アルバラシンを訪れました。テルエルから車で45分ほどです。
標高1,200メートルの断崖にそびえたつこの村は、「スペインでもっとも美しい村」の1つに選ばれているそうです。山肌にはりついているような赤レンガの家々が、素朴な雰囲気を漂わせています。

写真

写真

写真

写真

村に夕暮れが訪れ、灯りがともされると、それはとてもロマンチックな世界に。

写真

写真

アルバラシンからサラゴサまでは、車で約2時間半。夜はサラゴサのバル巡りです。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ほろ酔い気分でサラゴサの夜景を。

写真

写真

11/18(月)

サラゴサ → ログローニョ → ビトリア

今日はサラゴサの市内散策から。
マドリードとバルセロナのほぼ中間に位置し、エブロ川の両岸に広がるこの町は、アラゴン州の州都です。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

その後、バスで走ること約2時間、リオハにあるログローニョへ。
リオハといったらやっぱりワインです。ここではワイナリー「ボデガ・マルケス・デ・ムリエタ」の見学とワインのテイスティングをしました。

写真

写真

写真

Bodega Marqués de Murrieta
https://www.marquesdemurrieta.com/bodegas-rioja/es/

ワインを主役にした食事も提供されます。食事はあくまでもワインを引き立てるもの。とはいえ、目にも楽しいアーティスティックなプレートです。

写真

写真

写真

写真

写真

テイスティングで気に入ったワインを購入し、ログローニョの町散策。
ログローニョは、リオハ州の州都ですが、サンティアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路としても有名です。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ログローニョの町を散策した後、ビトリアへ移動し、宿泊は、シエルケン・シウダ・デ・ビトリアです。旧市街からは少し離れていますが、徒歩圏内です。

写真

写真

写真

Silken Ciudad de Vitoria.
https://www.hoteles-silken.com/es/hotel-ciudad-vitoria/

夕食は、旧市街にあるレストラン「エル・ポルタロン」にて。中世の館のような佇まいです。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

11/19(火)

ビトリア → サン・セバスティアン

ビトリアの旧市街散策では、聖マリア大聖堂の修復プロジェクトを見学しました。予約が必要ですが、ガイドさんと一緒にヘルメットを被り、大聖堂の隅々まで見学することができます。

写真

写真

写真

写真

聖マリア大聖堂で修復プロジェクト見学
https://www.catedralvitoria.eus/en/home/

車で1時間も走れば、サン・セバスティアンに到着。
待ちに待ったサン・セバスティアンのピンチョスツアーです。

まずは地元の人で賑わうBAR GORRITTI。ブレチャ市場のすぐ横にあります。

BAR GORRITTI
BAR GORRITTI

BAR GORRITTI

BAR GORRITTI

つづいて、BAR SPORT。ここではシードルがおすすめだとか。

BAR SPORT
BAR SPORT

BAR SPORT

BAR SPORT

BAR SPORT

BAR SPORT

BAR SPORT

BAR SPORT

さらに続きます。
TABERNA DAKARA。フォアグラが安くて美味。

TABERNA DAKARA
TABERNA DAKARA

TABERNA DAKARA

TABERNA DAKARA

TABERNA DAKARA

TABERNA DAKARA

ATARI GASTROTEKAは、スイーツも楽しめるバルです。

ATARI GASTROTEKA
ATARI GASTROTEKA

ATARI GASTROTEKA

ATARI GASTROTEKA

お腹がいっぱいになったので、モンテ・イゲルドへ。
コンチャ湾を見下ろせます。

写真

写真

ここにはケーブルカーでアクセスすることもできます。

写真

写真

宿泊は、憧れのホテル・マリア・クリスティーナ。すべてがステキ!

写真

写真

写真

写真

写真

写真

Hotel Maria Cristina
https://www.marriott.com/hotels/travel/easlc-hotel-maria-cristina-a-luxury-collection-hotel-san-sebastian/?scid=bb1a189a-fec3-4d19-a255-54ba596febe2

サン・セバスティアンでやることと言ったら、バル巡り・・・。
この夜の食べ歩きはまだまだ続きました。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

11/20(水)

サン・セバスティアン → ビルバオ

サン・セバスティアン からビルバオまでは、車で約1時間。ホテルに荷物を置いて、市内観光に出かけました。

まずは、ビルバオ郊外にある世界最古の運搬橋ビスカヤ橋。パリのエッフェル塔の設計者の弟子が建造したため、鉄格子の部分がエッフェル塔に似ています。

写真

写真

ワイヤーでつるされたゴンドラに乗って、対岸に渡ります。エレベーターで橋脚を昇り、歩いて対岸に渡ることもできます。ただこのエレベーター、風で止まってしまうことが多々あるとか・・・。

写真

写真

写真

写真

写真

次は、市内中心部にあるグッケンハイム美術館の外観見学。

写真

写真

写真

ピンチョス巡りはビルバオでも楽しめます。
バルは、ランチタイムから賑わっています。まずは、EL GLOBOへ。

EL GLOBO
EL GLOBO

EL GLOBO

EL GLOBO

EL GLOBO

続いてLA VINA。ここではぜひハモンセラーノを!
あとスペインでは、フォアグラ料理が安い!!

LA VINA
LA VINA

LA VINA

LA VINA

LA VINA

LA VINA

それからAMARENへ。

AMAREN
AMAREN

AMAREN

AMAREN

お腹いっぱい&ほろ酔いになったところで、「スペインで最も美しい風景」ともいわれるサンファン・デ・ガステルガチェへ。ビルバオからは車で約1時間。入口から長い階段を下っていきますが、よく整備をされています。丘の上には教会があって、金を3回鳴らすと幸せになれるそうです。

写真

写真

写真

写真

写真

そして、消費してしまったカロリーを補給すべく、夜は、ビルバオの旧市街で再びバル巡りです。
ZAHARRA、LA OLLA、BAR BACAICOAで、スペイン研修最後の夜を過ごしました。

写真

ZAHARRA
ZAHARRA

BAR BACAICOA
BAR BACAICOA

写真

LA OLLA
LA OLLA

宿泊は、ホテル・グラン・ビルバオ。
市内中心部からはやや離れますが、路線バスでアクセス可能。タクシーでも10分くらいです。

写真

写真

写真

11/21(木)

ビルバオ → マドリード → 帰国の途へ

ビルバオ空港を出発し、マドリード空港で乗り継いで帰国の途へ。

11/22(金)

成田空港着

                 * * * * *

お腹いっぱい、食べて飲んでの研修旅行でした。

バスクと言ったらやはりバル巡りですので、仕方ありません。本場のバルには、日本のスペイン(風)バルでは味わえない雰囲気があります。スペイン人、バスク人に囲まれてのバル巡りに、ぜひ出かけてみてください。

ページのトップへ